2008年3月アーカイブ

auction_goods3.jpg
 今月はオークション出品月間です。先週から、楽器、CDプレーヤー、DVDプレーヤーなどいろいろ出品し今のところすべて落札されました。これらを発送するのが仕事になっています。


 発送するには当然梱包しないといけません。発送グッズとしてテープやはさみなどは当然として、体重計とメジャーも、梱包物の重量や寸法を計るのに必須です。あと、段ボール箱とプチプチです。

 さきほど5品目目のレコード・プレーヤーを発送。恐らくAV機器で輸送トラブルが一番多いと思います。

 アクリルカバーや、アームなど壊れやすい部分が多いので、元箱が無い場合は自分で箱を都合し、いろいろ補強したり大変です。1日がかりの仕事です。

 まだまだ、予定の半分の出品していませんが、月末までは余裕があるので、できるだけ多く処分したいなと・・・・。
 

 、

dvda11_f.jpg
 CD専用機のDCD-S10Ⅱも良いが、やはりDVDもCDもSACDも、何でもこなせるユニバーサルプレーヤーの上位機種が欲しくなってしまいました。


 DENONのDVD-A11は、5年ほど前の高級機です。当然中古で購入しました。DVI-Dでデジタル接続ができるので、今まで使っていたDVD-2910のHDMI接続に比べると不便ですが、画質はまだまだ現役です。加えてCD音質も定評のあるプレーヤーです。

 さて、実際聞いた音質は・・・、Very good!! なかなかの音です。というか、ひょっとするとCD専用機も超える?という感じ。ツボにはまった時は、目の前にオーケストラがあるかのような音がでます。今までたいして感動しなかったCDも、全然別のCDに生まれ変わったような・・。

 こんな事があるから、AV三昧はやめられない・・。(^^ゞ

DCDS10IIN.gif
 平成4年に、液晶プロジェクターとAVアンプ、LDプレーヤーでAVシステムに移行してから早15年。プロジェクターを中心に、AV系の機器はかなりお金をかけ、更新してきました。


 AVシステム移行に伴い、DENONの高級CDプレーヤーDCD-3500RGを手放してからは、純粋のCDプレーヤーはありませんでした。しかし、去年のレコード復活あたりから純粋オーディオの良さに戻りつつあります。

 最近は、DENONのDVD-2910でCDも聞いていたのですが、DVDの5.1サラウンドはともかく、通常2チャンネルCDでは、迫力のある中低音に乏しく、段々とフラストレーションがたまっていました。

 DVDについては、DVDレコーダーでもきれいに再生できるので、DVDプレーヤーの存在意義も薄れています。もちろんこれからはブルーレイが出てくるのですが、まだまだこれから。

 ということで、ついに先週、DENONのDCD-S10Ⅱをオークションで購入!DVDプレーヤーを撤去し、15年ぶりの純粋CDプレーヤー復活です。

 1997年モデルで古いですが、私の好きないわゆるピラミッド型DENONサウンドで、不満だった低音の迫力が出てきました。久しぶりに純粋オーディオ的なCDの音を堪能したいと思います。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1