2016年11月アーカイブ

マーラー5番吹いた

| トラックバック(0)

マーラー5番吹いた 10月30日に沖縄交響楽団創立60周年記念演奏会でマーラー5番トップを吹きました。やはり今回もいろいろ迷いました。本番2週間前のホールリハまでは、割と定番になっていたB45ライヤーと写真下のリガチャーだったのですが、ホールリハの録音を聞くと、かなりクラの音がきつく聞こえたので、マウスピースを変更することにしました。

 新品マウスピースも2個買いましたが、結局写真上のように買いためてあったB40シリーズから選び、リガチャーはチャールズ・ベイのゴールドを使用しました。この組み合わせだと、あまり突出せず、まあまあ主張できる感じで鳴ると思いました。

 当日のホールリハを録音しておけば、鳴りの違いがはっきりしたはずですが、その余裕はありませんでした。マーラー5番にはベルアップが21箇所もあり、当日リハまで危ない状況だったので、ひたすら楽譜をさらってました。本番は目立ったミスもせず、どうにかこなせたのでほっとしました。一番こわかったの5楽章の出だしのソロもなんとかクリア。マーラー5番で目立つTpやHrはじめ他の楽器もほぼ完璧にできていたのでよかったです。

 今回の録音はてだこホールのマイクではなく、きちんとした録音家の方が担当され、各パートごとにマイクセッティングで、ミキシングもきれいにやってもらっていると思いますので、録音を聞くのが楽しみです。

 写真下のマウスピースは去年リムスキーのスペイン奇想曲で吹いたときのセッティング。チャールズ・ベイのマウスピースと今まで使っていたリガチャー。スペイン奇想曲のクラソロは冒頭でフルオケをバックにやるので、この組み合わせ以外考えられませんでした。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1