庄司紗矢香

| トラックバック(0)

庄司紗矢香
 ◎のヴァイオリニストですね。N響とのベートーベンのVn協奏曲第1楽章だけ、昨日の芸術劇場で放送してました。

 かのロジャー・ノリントンの指揮なので、N響が古楽器式演奏。ノン・ビブラート、アクセント強調型の演奏でおもしろかったです。
 オーケストラと若干ピッチがずれ気味なのが気になりましたが、いい演奏だったと思います。特に、自作のカデンツが、確かにすばらしかったです。

 彼女の演奏は、その前に、イタマール・ゴラン(うろ覚え・・)のP伴奏で、シューマンとR・シュトラウスのVnソナタを見ました。両方とも初めて聞く曲でしたが、大変楽しめました。
 もちろん、VnもPも大変上手ですが、彼女のアインザッツやアイ・コンタクトなど伴奏との合わせ方がすごく自然で素敵ですし、演奏しながら時折笑顔が浮かぶのが、よいと思います。

 シューマンはまさにロマンチックそのもの、私はクラリネット吹きなので、もちろんシューマンの幻想小曲集など吹きますが、同じムードですね。
 対しまして、R・シュトラウスのVnソナタは超絶技巧です。どうやって合わせることができるんだろうと、いうくらいソロもピアノもテクニック的に難しそうでしたが、それを難なく弾いてました。

 ちなみにこの写真は、右上にNHKEのロゴが見えているとおり、DVD録画を画面キャプチャーしたものです。そのままだと720×480サイズと、縦長になるので、フォトショップで、横を768に変更しました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kinjomu.com/mt/mt-tb.cgi/127

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1