サンクトペテルブルグフィル演奏会

| トラックバック(0)

peterbrug.jpg
 11月7日に行われたサンクトペテルブルグフィル演奏会のFM生放送及び衛星放送録画を見ました。


 指揮は、ユーリー・テミルカーノフ、Vnは庄司紗矢香。主な曲目は、チャイコフスキーのVn協奏曲と交響曲第5番。

 庄司紗矢香のVn協奏曲はなかなか良かったと思います。1楽章出だしは、少しオーケストラと「離れて」いましたが、長いカデンツを弾ききったあとから、オーケストラとの一体感が出てきて、俄然良くなりました。
 
 サンクトペテルブルグフィルは、ロシアの老舗オーケストラ(旧レニングラード・フィル)で、そのサウンドはやはり今もロシア的な迫力のあるものです。また協奏曲のクラリネットトップは、深みのあるいい音でした。

 FM放送で聞いていたときは、5番交響曲でクラリネットトップの音色ががらっと変わったので、奏者が変わったのがすぐわかりましたが、そのときは若手奏者に変わったのだろうと思いました。

 TVで見ると、こちらがベテラン奏者でしたが、いまいちでした。1楽章出だしは良かったのですが、途中から乗りが悪くなり、3楽章では、ついに早いパッセージで落っこちてしまいました。

 ところが衛星放送を録画してみると、何と落っこちたはずのところが、うまくつながっています。一瞬私の耳が間違ったのかと思いましたが、画像をよく見ると、音と映像が合っていません。

 つまり音声は編集されていてうまくつながっているのですが、画像はそのままで、彼は吹くのをやめて、首をかしげていました(-_-;) 

 ベテラン奏者さんには災難の日でしたね。人生たまにはこういうこともあるのさ・・・。ご同情申し上げます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kinjomu.com/mt/mt-tb.cgi/232

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1