左手の強化パート3

| トラックバック(0)

左手の強化パート3
 左手の指の動きをよくするため、マウスは左手で操作しています。それなりに効果はあったと思いますが、クラリネットの演奏水準向上という目標にはほど遠い。

 今年は、某交響楽団の演奏会でリムスキー・コルサコフのシェヘラザードトップを吹くので、これはもっと思い切ったことをやらないと・・。

 ということで、ついにお箸を左手に持ち替えました。1週間ほどやっていますが、悪戦苦闘の末、どうにかこうにか食事ができるようになりました。もちろん、しばらく触っていなかった教則本も持ち出して、あらためてスケールやアルペジオ、練習曲をさらっています。

 教則本をさらうと、以前簡単に吹けたフレーズが吹けないという、当たり前の現実に直面します(-_-;)

 そして、若いときの演奏会録音を聞くと、今とあまりにも違いがありすぎてショックを受けます。指の動きに「迷い」や「ためらい」がありませんし、楽器をきちんと鳴らしています。以前はそれが当たり前だったはずなのですが・・・。

 その頃の水準は無理だと思いますが、少しでも近づけるようにいろいろジタバタやっていきます(^_^)/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kinjomu.com/mt/mt-tb.cgi/297

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.1.1